« そして、熊本城。 | メイン | 熊本中世史研究会に遠征します。 »

2009年2月27日 (金)

アートの旅、九州を考えてみる。

浅草で、「こんなのどうです?」と聴いてOKだったので考えてみました。

4月から6月の九州はアートアイランド。
別府市では、BEPPU PROJECTの国際芸術フェスティバル「混浴温泉世界」がある。
CAMKの熊本市現代美術館では、「井上雄彦、最後のマンガ展(重版・熊本版)」がある。
どちらも合わせたかのように同時期開催(^^ゞ。

ということで、福岡空港を起点に、ふたつの現代アートを巡って九州をひとめぐりしてみるのはどうでしょう?
ぐるっとアートアイランド九州。ついでに阿蘇・くじゅう山の自然美を堪能してみるツアー。
高速バスの乗り放題乗車券サンキューバス(http://www.sunqpass.jp/index.shtml)を使えば、8000円から13000円でぐるっと回れます。

福岡→大分・別府で、別府とコンヨクをとことん堪能。
そして、九州横断バスで別府→由布院・阿蘇山→熊本へ移動。(これがちょっとネックかも)
また、大分→熊本の国道を走る一応高速バスもある。
あるいは、高速基山で乗り換えて熊本へ。
それで、別府→熊本で、熊本のCAMKをみてタイピーエン。
そして、熊本から福岡へ戻る。という、現代アートと自然の美を堪能する3〜4日間という具合ですかね。

いかがですかね。とりあえず九州の旅は高速バスが使えます。

もすこしリッチに余裕を持つならJR九州。九州ゾーンきっぷは14500円、九州までの往復普通運賃が2割引になります。
これでもかなり回れます。
高速バスとJR九州、どちらかをうまくつかってアートめぐりを企画して下さい。

ちなみにレンタカーを駆使するのもあり。これだと、霧島アートの森まで走れますがアルコールセーブが必修となりますね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/18668855

アートの旅、九州を考えてみる。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart