« 考古学ハンドブックスをみてみた | メイン | 小さなまちのOH!きな世界 »

2009年1月31日 (土)

小さな学校で、大きな歴史のレクチャー

30日はお仕事の延長で、某小学校に出講して45分×2コマの社会科で歴史のお話してきました。
今まで一番「若い」人たちにおしゃべりしましたね(^^ゞ
6年生の社会科の教科書を仕入れて(これが面白い)、入念な準備。使えることばがわかりませんから。

小さな小学校の6年生は10人にも満たない。
しかし、周りは古代以来の地名を伝え、南北朝時代以来の歴史が風景や記憶として続いてきた村落。
500年前の古文書に出てくる地名が子供たちの住む地名として今でも残る、これ以上の教材はありません。
それを伝える、気付かせる、その日から周りの風景が違ってみえたらよいなあという試み。
大人相手でも使える資料を用意しましたが、6年生だとうまく翻訳すれば十分使えますね(^^ゞ

そんな試みには10人くらいのクラスが最適。
昔、教員のOBさんが全科研ポピーとかを使って小さな塾を開いていたような規模。まあ、寺小屋規模というか。
都会の20−30人クラスではできない濃密な「レクチャー」でした。
小さな学校の方が実はマンツーマンで先端的な教育なのかも?

後半は、事前に依頼をお願いしていた近くの旧家を訪問。ホンモノの資料に子供たちはびっくり。
そして家の歴史を語る古老の話しをじっくり聴いてました。
私の拙いレクチャーはいざ知らず、対話とホンモノの強さを知った興味深いレクチャーでした。


まあ、ボクも経験不足な面もあり、時間配分やどこまで伝わったか冷や汗(..ゞアセ ものでしたがいい経験になりました。
今後の糧にしたいですし、プログラムとしてうまくいくよう工夫したいものです。

なお、今回、使わせていただいた成果は別府大学飯沼研究室の環境歴史学に基づく大野川上流域の調査報告書。
以前に竹田市から豊後大野市にかけて何箇所かで地名、水利慣行などの聴取り調査などから中世的景観を復元した成果です。
学生を引連れての研究室単独の調査だったので、ホントはボクも関わりたかったのですが仕事もあってできなかったもの。報告書はいただけましたけど。

竹田市のその筋でも、中山間地域の歴史的景観を調べた別府大学の調査成果は知られていないのですが実に有益な成果です。
なかなか活用する機会がなかった中で、今回の小学校からのオファーがあったので小学生のテキストに活用させていただきました。
地名はホントに地域理解には最適の教材でした!

こういうかたちで学生を引連れて組織的に関わっていただく大学研究室の調査とはいいおつき合いをしたいものです(^^ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/18352066

小さな学校で、大きな歴史のレクチャーを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart