« 原点は「まるごと博物館ガイド」 | メイン | CCA北九州の市民美術大学、美術講座 »

2008年10月 7日 (火)

まちとアートの出会うとき@竹田&久住、やります!

ということで、8月の「岡の里文人講座、渡邊長男と朝倉文夫の彫刻」に続いて「アート・ミーツ@創生館」企画をやります。

「アート・ミーツ@創生館」はあちこちで展開されているまちとアートの出会いを、竹田市にも持ち込みたいという企画。
単なるアートイベントを誘致したいと言うものではなく、みなさんであちこちの現代の作家さんのアートを親しむ環境と、そしてまちのイノベーションとして「創造」の手法と方法論を取り込み、たけたとあちこち、できれば世界と網の目のようにつながるためのツールとして使いこなす環境をつくることにあります。

かつては「岡の里」という大きなムーブメントを起こしたものの、まちおこしイベント誘致に疲弊してきた竹田市で、自分たちから事業展開できるような「自主自律」と「よこつながり」のステーションをつくるのを目標にして今年からやりはじめた企画。


その一環として、たけたでアートの実践について話しをいただこう。たけたに来てもらおうということで、ひとつ大きな風を吹き込もうということで岡の里事業実行委員会「アート・ミーツ@創生館」と竹田研究所で組んでアートレクチャーをやります。

講師に、別府市を拠点にグローバルな活動を展開するNPO法人の「BEPPU PROJECT」の代表理事の、山出淳也さんをお招きしてのレクチャーを開きます。

◎まちとアートの出会うとき@竹田
日時は11月5日(水曜日)の19時から、場所は竹田(寺町)の御客屋敷です (これは決定)
こちらは、城下町や商店街の中で、まちとアートとの出会いを考えるのがテーマ。

◎まちとアートの出会うとき@久住

日時は11月12日(水曜日)の19時から、場所は現在調整中(ノ_<)。です。
こちらは、まちと高原と自然の中で、まちとアートの出会いを考えるのがテーマ。

竹楽の前に、竹楽からつながることを考えていくレクチャー企画。みなさん、ぜひいらして下さい。
竹田市ではこれまでにない刺激的な内容でやりたいと思っています。

詳細は追って。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/16639366

まちとアートの出会うとき@竹田&久住、やります!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart