« 好天のドライブ | メイン | 原点は「まるごと博物館ガイド」 »

2008年10月 4日 (土)

「ペログリ流」代表質問

Book_yasuo3日の康夫チャンの代表質問は、あとで参議院インターネット中継でみたけど本当にすばらしく「議会制民主主義」な代表質問でした。
党派で肩持つつもりはないけど、欧州で応酬されているであろう、自己の政治哲学を実践経験をベースに、ウィットとレトリックと皮肉(決して誹謗中傷ではなく相手のロジックをもって相手を討ち取る舌鋒)を日本語ですればこういうこと、という絶好の好例となりました。もうひとりくらいいると、比較できてなおさら良いけど。今までブツ演説はいっぱいあれども、ここまでレトリックの効いたものはなかった。それだけでも十分、「歴史的」である。

おそらく、明治以来のニッポンの議会制民主主義でも指折りの「歴史的な代表質問」のひとつになるだろうと思う次第。たぶん与野党通じて田吾作ぞろいの人たちでは、レトリックがだめだし知識と解釈も駄目ぞろいなので絶対にやれない芸当だろう。今までこういう存在がなかったことはそれだけ社会が「成熟」してなかったことだろうし、ようやくこういったタイプの文化的素養の持つ「政治家」を輩出する成熟度がこの国にも生まれたのかと思うと、80年代文化も少しは歴史にカタチを残せたのかと感慨深い。

こういった演説が少なくとも3割の政治家が出せるようになったなら、ニッポンは本当の世界に冠たる名誉ある国家となるだろうと思いましたね。一般人にはちょっとうっとおしいかも(^^ゞ
とあれ、太郎チャンと与党を彼らの論理とやり方で討ち取る「ペログリ流」代表質問をした康夫チャンの全文を読んでみると興味深いけど、映像で太郎チャンの物まねを合わせるとさらに興味深さが増すこと請け合い。一見アレ。

そして、ペログリさんは今回の野党的攻め方だけにあらず。政権党的「所信表明演説」もやはり
自己の政治哲学をベースにウィットとレトリックですばらしいものをしてくれるでしょう。その日が来ればニッポンの未来も面白くなるし、文化国家になる日も近いだろうと文化政策の片隅にいる身としても楽しみではある。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/16651430

「ペログリ流」代表質問を参照しているブログ:

コメント

Our Hack has simple and easy to understand and employ interface, which may make utilization of it potential to everyone- a little child.

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart