« 日田へ行く | メイン | 「ハコ」から「エコ」へ »

2008年10月27日 (月)

キャナルのパイクさん

27日はアジ美で蓑豊さんたちを招いてのトークイベントがあったそうですけど、わたしは六本松で論文の打ち合わせ。
11月は殺人的なスケジュールだあ(ノ_<)。と予告しておきますね。

夕方に、博多駅近くの法華クラブ(朝飯が鬼のように食える)へ行くために川端町のアートリエから歩く途中でキャナルシティの側を通る。そういえばと久々に福岡誇る「現代アートの名品」を拝む。
そう。20世紀誇るビデオアーティストのナム=ジュン=パイクさんの作品がここにある。
ただのビジョンじゃないよ。さまざまな映像が際限なく流れるビデオアートの名作がここにあるって知っている人はどれだけいるのかな。。。何か忘れられていません?(^^ゞ

確か、キャナルシティ、オープンの時のもの。アジアとの共生が大きく叫ばれていたときの福岡の一コマ。パイクさんは福岡アジア文化賞ももらっているはず。キャナルのオープニングポスターは、カイカイキキの村上隆氏のもの。

福岡などの九州北部がクリエイティブシティになる可能性って十分にあったはずなんだけど、今やいないも同然なところよりも物・量で見劣りしてしまうのは、なぜなんだろう?
P1150683

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/16878104

キャナルのパイクさんを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart