« CCA北九州の市民美術大学、美術講座 | メイン | 日名子実三展に寄ってきました。 »

2008年10月10日 (金)

古唐津と唐津城

P1150525 P1150534











P1150562
P1150580












9日は古唐津を拝みに、佐賀県立九州陶磁文化館まで。「土の美、古唐津」展を観に行きました。
すばらしい、門外不出な古唐津の名品まで拝むことが出来て、多いに満足。
前日は夜更かし作業していたのでグロッキーな状態で朝5時に出立したのでヘロヘロでしたが、じっくり観賞。

別に陶磁器愛好家になわけではなくて、縄張り屋さんの中近世の城郭研究とも関係の深い、歴史考古学で用いられる遺物編年と対峙するには、古唐津、備前、瀬戸、美濃の勉強が欠かせないということで、今年にはいって意識的に足を運んだり文献を仕入れたりしています。

というか、一般的「学芸屋さん」の素養として勉強しておけよと言われそうだけど(..ゞアセ

帰りに寺沢広高が築いた織豊系城郭の唐津城を見学。ちなみに、復元天守は、建築史の大家、藤岡通夫氏が既存の天守台跡の事前調査もせずに上から建ててしまったおかげで、ホントに天守が建っていたのか永遠に検証できなくしてしまった驚異の「復元作品」です(´д`; 。てなことはさておき、写真の通り、城周りをはじめ周囲に石垣がしっかり残っているのが新鮮でした。海辺をぐるっと回ること、そして浜沿いに二ノ丸の石垣ラインもしっかり残っているいて、歩いて廻るのは城好きならばオススメ。

今回は、主郭部から海周りの石垣をみてまわり、二ノ丸から城内閣のある薩摩堀をめぐって再び駐車場まで石垣ラインを歩いて見て回る。圧巻でした。
お土産はもちろん、大原松露饅頭(^^ゞ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/16664132

古唐津と唐津城を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart