« 「21世紀の正体」とたけた(10年後のための備忘録) | メイン | まちとアートの出会うとき、TAKETA&KUJU meets BEPPU PROJECT »

2008年10月18日 (土)

「BankART」をソルパセオで聴く午後。

P1150099 18日は昼から BEPPU PROJECTのplatformであったレクチャーに行ってきました。場所はplatform1(写真は8月のとき、念のため。)

横浜市のBankART1929で 活躍される池田修氏のプレゼンを聴けたのはとてもよかったです。横浜まで行かないとわからないことがコチラで学べるなんてありがたいことです。池田さんは 粉浜の出身、恐れ多くもボクは二色浜。同じ南海沿線でした(^^ゞ 上ずった質問で恐縮でしたがとても勉強になりました。福岡でも感じましたが規模は違え ど問題はいっしょということ。

いよいよ、4月の国際芸術フェスティバルに向けてスタートするようですが、それにしても別府のソルパセオ商店街にそうそうたる方々が居られるってすごくない?早く懸案を片づけて温泉に入りに行きたいものです。
本当にBEPPU PROJECTとCCA北九州は、九州に居ながらにして現代のアート事情を伝えてくださり、本当にありがたいことです。そこに息さえすれば持って帰ることができる。横浜とか現場まで行くに越したことはないけど、評論家や業界人ではないので自腹でいけるものではないので、一般人としてはありがたいことです。それにしても、横浜行きたい。。。けど無理だなあ。。せめて本買わないと(ノ_<)。

10月半ばからは、アタマを集中させるためにホントに缶詰め状態にして本業の追い込み作業をしてます(何せセレッソの試合もキャンセルだよ、ありえない。)けど、その合間をぬって別府へ。
ヘロヘロなので車を運転するとキケン?を感じて列車で行きました。基本的には都会的「公共交通を利用する」人、なので大分と言う地の利ながら団塊以上の年寄り並みに列車に乗るのは苦にならない。
何せ眠ることができるし(^^ゞ 

やっぱり、列車がいいですよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/16790374

「BankART」をソルパセオで聴く午後。を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart