« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

夕方のダルヴィーダ

30日は夕暮れに久住高原のギャラリー、ダルヴィーダに久々に立ち寄ることが出来ました。
ル・コルビジュエ展の図録を持参してのよもやま話と、BEPPU PROJECTCCA北九州など近郊のみてきたアートの話をあれこれ話しました。

その中で一般論として感じる部分として、アートをしたり企画するアーティストさんが、アートイベントなどで土地の記憶とかコンセプトで言う割には、その地の歴史的文脈を感覚ばかり表面をなで回すだけに終わっていて、本当の根っこをつかまない歴史的理解の浅さが本当に不思議なんです。
CAMKとかに来るヨソの国のアーティストさんはもっと哲学的だったり何らかのロジックを以てピントをしぼっておおづかみに掴もうとしますが、そういった裏付けの緻密さが感じられないのが不思議なんです。。。


そんなことを、土地や風土を感じる場所であり、この地に古くから人が生活を積み上げてきたことを知るロケーションを感じる場所に建てられたアートスペースの「ダルヴィーダ」にて、西日が沈む高原でのゆったりとした会話を楽しませていただきました。
たけたや久住高原などは、風土や気候に規定された土地性と、その上で暮らしてきた人間の移り変わりが蓄積した歴史性の上に感性のアートが乗っけられると思うのですけどね。。。残念ながら今の都市では土地性や歴史性が感じにくくあります。ウンチクばかり語って大局をみない歴史学者の怠慢でもあるのですけど。。。。

夕暮れの忙しい中で、話し相手になっていただき本当にありがとうございました。楽しい時間を過ごさせていただきました(^^ゞ。

2008年8月30日 (土)

岡の里文人講座「まちの彫刻を知る、まなぶ」

今年の岡の里文人講座は、これまで出会った方々をたけたに巻き込むことも考えて一会員として企画協力しています。
ちょうど岡の里事業で彫刻マップを作成するとのことでしたので、郷土の先哲
として、渡辺長男と朝倉文夫という竹田ゆかりの彫刻(ホントは彫塑)兄弟をテーマにレクチャーの企画協力をしました。

内容は下記の通りです。文字通りご専門の方をお招きして「まちの彫刻を知る、まなぶ」講座です。
野外の彫刻(ホントは彫塑)も地域の財産として目を向けようということと、
野外の彫刻(彫塑)も展示するエコミュージアム的視点を持とうというねらいがあります。

講師の先生には、日本の近代彫刻史がご専門の田中修二先生をお招きいたします。
多摩市での渡辺長男展に企画協力された田中先生のお話ですので、またとない彫刻(ホントは彫塑)を知る機会です。

先生からレジュメもいただき事務局のご尽力で用意も万端整いました。8月30日の14時が楽しみです。(・ω・)ノ

Photo

 











ということで、文人講座は20名程の参加者に来ていただき、無事に終わることが出来ました。朝倉文夫記念館からもご来場いただき感謝する次第です。そして、田中先生のレクチャーは「彫刻を知る、まなぶ」のテーマにぴったりの内容で、渡邊長男と朝倉文夫の近代彫刻での位置付けや彫刻研究のあれこれを幅広く教えていただく内容でした。本当にありがとうございました。

たけたですので、数字的には20〜30名来てくださればありがたい。と思っていましたのでおおかた予想通り。とは言え、いいお話でしたのでもう一押し集まるとよかったなあというところで広報のやり方をもうちょっと手直しすることが反省点。

自分としては近代彫刻の流れやその中での渡邊長男の位置付け、朝倉文夫の位置付けを学ぶことが出来、おおよそのアウトラインを頭の中に引くことが出来たのが収穫でした。やっぱり直接レクチャーを受ける機会がないと理解するのは全然違いますものね。

たけたの中に渡邊長男を朝倉文夫の彫刻があることの意味付けを行う第一歩を踏めたことは満足、野外の彫刻はまちのモ ニュメントでありランドマーク。そのランドマークに関心を持ってもらうことでまちをじぶんたちのものと感じること、じぶんたちのまちにアートがあることを 知ってもらう・楽しんでもらうことが本プログラムが本当のねらい。

次につなげるよう深めていく準備を進めていきますね(・ω・)ノ

2008年8月29日 (金)

レイハラカミに出会う夏

P1150144 全国的な大雨でしたが、BEPPU PROJECTの「☆の記憶を未来につなぐ夏」で、別府市公会堂の「ホシノキオク、レイハラカミを迎えて」に行ってきました。CCA北九州に続き、BEPPU PROJECTのTシャツも仕入れましたので、それを着ての別府行き。

23日に行った時に向こうの方にぜひ来てくださいということだったので、予定がうまくあいたのをいいことに駅まで直行(σ・∀・)σ
と、いつもの17:52の列車で行ったのですけど、この日はぬわんと、後ろに「ビアトレイン」がくっつく4両編成。ビアトレインで来られた知り合いにお会いする夏?になりながら別府まで。。。(^^ゞ

車内は睡眠学習で、ソニック使って別府駅に19:22に到着。
駅から会場まで別府の坂道をダッシュで走り、何とか開演時間の19:30に到着(・ω・)ノ

でも開演は10分遅れて19:40。。。(^^ゞ
たぶん、もちっと遅れていたと思うけどライブとはそんなもの(笑)

レイハラカミって誰?というわたしなんですが、APUの若い子に教えてもらいました。こんなひと。京都を拠点に活躍するテクノ・エレクトロニカのミュージシャンなんですと。。。とこの筋は素人なんで教えてくらはい、各位。
おかげで、DJ&VJの世界をはじめて体験させてもらいました。
ちょっと無愛想な感じのレイハラカミってつかみにくいなあと思いつつ、椅子に座って聴く。座ってていいのかな?と思いつつ、でも聴くうちに体が次第になじんでいくのがわかる。音楽「
鑑賞」ではなく、聴覚、視覚、体の感覚へと広げて聴く、音楽「感賞」って感じを体感できたののが大きな収穫行った甲斐がありました。

最初は耳で聴く。しばらくして椅子に寄り掛かるように立って体を自由にして流れる音楽に意図的に体を預けていく。ちょうどいい具合に体が音楽に反応していく様子が伝わってきます。実にいい案配です。リズムの変化とVJの変化が体を心地よく支配する。今後はホールではなく、空間にスタンディングで聴きたいなと思いつつ、とりあえずCDを買って楽しむことにしました。iPodに入れて聴くと仕事もはかどる。ココロが言い案配に休まるのですヨ。本当にいい経験をしました。

さて、ライブも終わりBEPPU PROJECTのスタッフや別府の方々など各方面にごあいさつ。いやあ、面白かった!とにかくBEPPU PROJECTはアートだけでなくダンスに音楽にあらゆるジャンルが混浴する世界が展開しています。

そして、してからまた21:52の大分行きでとんぼ帰り。豊後竹田行き最終の22:24の列車で、耳に残るレイハラカミの音楽をBGMに論文の文章の手直しをいじりながら帰るのでした。

2008年8月27日 (水)

「なぜ、なんですか?」

今日は70名もの学生さんに仕事場は占拠されてました(^^ゞ
会場をみて「……はなぜこうなっているのですか?」と質問攻めにあってしどろもどろ。。。

まあ、今が一番底な状態ですからね。学生さんにはツッコミどころ満載な空間でした(^^ゞ

とはいえ、満身創痍の傷をいやす充電中の身にはいい勉強になりました。
なぜなら、研究者というのはなぜ?と問うのが本性のようなもの。
当たり前のこととして受け入れてしまうことがもっともいけないことです。

また、ひとつ往年の視線を取り戻したような気がします。

2008年8月25日 (月)

パチリ

とある日、午後から所用があるので昼食を久住・阿蘇を見渡せる高原の「ひみつの隠れ家」にて堪能。
それから腹ごなしに野を散策。

P1150221




2008年8月24日 (日)

ぐるっと九州。

P1150021 P1150135






2日間で、福岡と別府のBeppu projectに行ってきました。
セミナーやイベントでいろんな人にお会いできました。

相変わらず福岡は建築学科的世界で居た10年前と同じだなあと思ってみたり、熊本の方面にもごあいさつしたり、北キューの方とお話したり。。。別府の方でも大宰府の人たちや別府のいろいろな方にお会いできました。
岡の里での「アートミーツ@」にはつながるけど、直接のお仕事には結びつかないのが悩みの種。
とりあえず「研究用」の名刺をこしらえたのでそれをお渡しする。

あれこれセミナーを聴きながら思ったことは、福岡のその筋の方々には、地場の空気に距離を置くのはよいけど、あまり地域の歴史的文脈を考えずに、クリエイティブとかアートとかレジデンスとか外の「いいもの」を持ち込もうとするコスモポリタン的「根っこのなさ」と言うか、善かれあしかれ福博だったり福北だったりの近現代の歴史的風土を踏まえず議論しているよう映る。その辺が10年前の建築学系セミナーで聴いてた印象とだぶって妙に懐かしさを感じた次第。ベタな表現をすると、いい意味で「芋っぽい」地に足着いた人間がわかってて演じる「トカイがそうならオレタチはこうだ」的なスタイルが薄味になっているんだろうと思う。

ただでさえ、夜郎自大な田吾作は九州各県には多く棲息していて弱りものなのに、それを突破するフロントランナーがヨソのいいものをキーワードで語る「出羽守」にはまり込むのは困りもの。最終的にはその辺があれこれあっても閉塞的な理由なのかもしれない。また、同じいいものなら関東より近いソウルや釜山・光州などの近隣のネタが取捨選択にないのも「アジアの玄関」としてはどうかと。

この夏はアートで旅しようがあちこちの雑誌に載っていたのだけど、面白いことに、首都圏&飛行機で関係者が日帰りできるスポットが大半。ボクのもうひとつのウロチョロ界隈にある大原美術館や奈義町美術館より西のスポットがほとんど紹介されていなかった。この辺に東京に集まって居られるアート関係筋による地域イメージがみえてておもしろい。所詮彼らにとって九州は田吾作ワールド、「アジアの玄関」ならぬ「母屋の前の玄関に敷いてる足ふきマット」なんでしょう。それだけに九州のアートなフロントランナーは彼らを突き上げるくらいのものを用意しつつ、わかっていて演じる必要があるんだろうと思う。

そういったある種の、地に足がつかない不安定さから離れるためにたけたに来る選択をしたところがあるのだけど、あらためてたけたでその感覚を抱いた意味を学んだこともあってか、さらにそういう感覚をあらためて感じたのは成長の証しかな?とも思う。また、福岡に対しても「ヨソモノの視点」が身に付いたのかとも思う。とあれ、福岡の最前線の議論に自分たちの活動する都市の原形と風土を知り、自らの立ち位置を考える視点で何かお役に立てられないかな。。。。我が身の無力さに歯がゆさを感じる。

その一方で、別府公会堂のイベントでは、APUの学生たちのバイタリティあふれる姿に舌を巻く。ゆとり教育で育った今の大学生はさまざまなプログラムへの食らいつき方にすごい生命力と実践力を感じました。こちらはテクニックは福岡に比べればはるかに劣るし学園祭のようなテイストはおせじにも評論家的尺度ではダメダメ扱いされるんだろう。けど、
とてもクールで「芋っぽい」APUの子たちには、他がそうならオレタチはこうだ的なスピリッツが感じられて好感を持つ。こういったテイストの子たちが十全に動く場所をこしらえることが九州のような「足ふきマット」扱いされている地域のフロントランナーの役目なんだと思う次第。
ついでに、はじめてコンテンポラリーダンスの意味がちょっと理解できたような気がする。7日間でダンスするプログラムはみたかった。とりあえず、ゆとり教育バンザイ!Beppu project、バンザイ!

4ー6月に北キューへ、7ー8月は福岡へ。ひと通り往年のネットワークを復旧させる旅は一段落。


で、その用事の合間に宿舎で列車で原稿をまとめる作業は続く。
いよいよ追い込みの9月。立ち返る場所を確認して、これからが勝負です。

2008年8月14日 (木)

夏の城めぐり、その3

P1140802P1140919














14日は広島。朝6時過ぎに起きて、広島市民球場近くのホテル(前日、カープ戦みたわけではない、念のため。)から市民球場ヨコを歩いて広島城を探索。
デジカメで188枚バシバシ撮りました。想像以上に広かった外濠の周りを歩いて城内に入って一筆書きにぐるぐる。
歩いて縄張りを確かめて石垣を確かめてウロウロ。

小雨が降っていたのでちょっと暗くて撮影にはむいてなかったけどスナップなので気にしない。
一応、復元天守があると見栄えが良いので載せていますけどほとんどが縄張りと石垣に関係したものばかりです。
右の写真は、福島正則が普請をとがめられて詫びの代わりに崩した石垣なんだそうですけど、実際は違うんだそうです(^^ゞ
わりと時代が下がりそうですもんね。

百聞は一見に如かず。いい勉強になりました。
2時間歩いて8時半にホテルに戻って朝食バイキング。
やはり、歩いたあとの朝食はうまい(・ω・)ノ

2008年8月13日 (水)

デザインの必要性

ちと遅いが、ポスターデザインの打ち合わせが佳境。
携帯メールでやりとりし、メールでファイルをいただき検討し、また携帯メールでやりとりして打ち合わせ。
初稿のいいデザインの雰囲気に、四稿目でようやくいい感じに肉付けされたものが届く。
たけたにあって、デザインの仕様についてディスカッションし、いいデザインを用意してくれる環境にあることはありがたい。

手作りでやればコストがかからずよいという意見もあるが、それは間違い。

ひとつのプロジェクトをあげるときに、ポスターデザインを決めるのは単にポスターをイラレでつくるだけに非らず。
ポスターは外部へのこちらのポリシーをお知らせする媒体でもあるし、ポスターのデザインは、小物につけてポイントとするデザインも、統一感のある配色の決定も、懸垂幕などの看板モノに使うデザインまですべて決まるトータルデザインをすることにつながります。

この他、パンフレットであっても、単なるペーパーデザインじゃなくて、そこには今後統一して用いるロゴから色合い、イメージまで、どういったイメージで何を提供するのか何を売りにするのかをトータルで考えてデザインすることにつながります。

だからprofessionalに投資するんです。手作りうんぬんはそうしたデザインワークを素人技でできると思う「井の中の蛙」のセリフだと思います。デザインを1回きりの消耗品と思うからそういった発想が生まれるのです。アマチュアの3割打者じゃダメなんです。
そんなものを個人の手作業でやる方が「安物買いの銭失い」で何もしないのといっしょ。いやそれ以上にマイナスイメージをもたらすだけ。
1回きりと言う考え方を見透かされて請け負われた世の中の公共機関系のポスターのまずさをみればわかること。

だから、この仕事をしてきて、こちらのポリシーをわかっていただき、思わぬものを用意してくださる引き出しの多いデザイナーに出会うことが本当に幸せなことだと思う次第。ましてやデザインのマーケットがないと思われているたけたにあってはなおさらのこと。

こうした出会いも、ボクの仕事の枠外でのネタ拾いから生まれたもの。
常にあちこちに顔を出すのは、仕事のためのネットワークを築くため。必要性を感じているから見つけることができる、そしてデザインをみて使える、頼みたいと思うだけの自分で責任を背負う感性が必要。もちろん仕様をちゃんと出せないと意味がない。

今回のポスターも首尾は上々。歴史系に多い手作り感たっぷりのポスターとの違いをみせてくれることでしょう。

2008年8月 6日 (水)

「渡辺長男と朝倉文夫の彫刻」

たけたの伝統あるまちづくり組織の「岡の里事業実行委員会」に参加しています。
以前はなかなか仕事とバッティングしていたので思うような企画を立てられなくて困っていましたが、今年になってようやく解放されたので8年間のノウハウを活かして「学芸屋」として「学芸仕事の市民への還元」をテーマに企画を立てていきたいと思っています。

今のまちづくり組織に足りないのは、公的機関で培われた「学芸仕事のノウハウ」です。これとシビアな現実の工夫とのやりとりから手弁当式の企画運営に少しはお役に立てる媒介くらいにはなるかという試み。
以前に実施した「岡の里城郭史講座」はそのプロトタイプモデル。この「岡の里○○講座」と「アートミーツ@創生館」を軸に
学芸仕事は館の中だけのものではない「学芸仕事の館からの解放」と「学芸仕事の市民への還元」を考えていきます。

今年の「あおぞら学芸業務」の第一弾は、岡の里文人講座の企画のお手伝い。
ちょうど岡の里事業の別の企画で、渡邊長男と朝倉文夫の彫塑家兄弟の作品マップを作成するとのことでしたので、それと文人講座のコラボレーション企画を提案しました。
文人講座は、郷土の先哲
を「文人」として紹介する企画。そこで、渡邊長男と朝倉文夫という竹田ゆかりの彫刻(ホントは彫塑)兄弟をテーマに専門家の先生をお招きした本格的な講座を考えました。

講師の先生として、アートマネジメント学会九州支部でお会いした大分大学准教授の田中修二先生にお願いしました。田中先生は
日本の近代彫刻史がご専門で多摩市で行われた「渡邊長男展」に企画協力されるなど第一線でご活躍されています。アートマネジメント学会でお会いした際に渡邊長男はもっと取り上げてしかるべき彫塑家と教えていただいたこともあり、今回の市民活動の取り組みにこれ以上最適な講師の先生はおられないと思いお願いいたしました。
また、田中先生の研究室は大分市で野外彫刻のメンテナンスの取り組みもされています。竹田市にも二人の作品が野外彫刻として残っています。先生のお話と取り組みを聴いていただくことで地元の方々に野外の彫刻(ホントは彫塑)を地域の財産として目を向けていただければ、また野外の彫刻(彫塑)も展示作品であるという、エコミュージアム的視点を持っていただこうというねらいがあります。

彫刻メンテナンスの機運が生まれて岡の里事業がその受け皿になれば言うことはありません。

今回、先生にご快諾いただけたのも先哲ゆかりの地である竹田市の文化的風土とブランドあってのことと思っています。そうした環境を活かしつつ、岡の里事業と言うプラットフォームを用いて、意欲のある地域の市民と第一線で活躍される先生との出会いの場を重ねることで、本当に100年先を見据えた文化事業の基盤がつくることができると思います。
とあれ、日頃風景として見慣れた彫刻作品を見る目が変わるこの企画。
朝倉文夫はもちろん、多摩市での渡邊長男展に企画協力された田中先生のお話ですので、またとない彫刻(ホントは彫塑)を知る機会です。ふるってご参加下さい(・ω・)ノ

ちなみに、案内チラシはAppleのpagesというiWorkのソフトでつくりました。
縦書きができないのが難点ですがイラレいらずでホント便利。

Photo

2008年8月 5日 (火)

夏の城めぐり、その2

5日は、案外行きそうでなかなか行く機会のない姫路城の縄張りを見学してきました。姫路城は来年度から天守などの大修理を行うそうでしばらくは美しい天守の姿も拝めません。いそいで、いそいで。

午前中に姫路市立城郭研究室を訪問する。
それから、午後にかけて師匠の「講釈」もとい講義を聴きながら観光客に混じって姫路城をくまなく歩いて石垣と縄張りプランを丹念に観察してきました。

ちなみに城郭研究室のTさんの書かれた姫路城の解説によると、姫路城は姫山の地形に制約された縄張りプランに織豊系城郭のパーツを継ぎ接ぎしたかのような体裁なので、スマートでない「迷城」とのこと。

歩いてみて実感。
それ故に、城を読めない専門家さんはその継ぎ接ぎさ加減をあれこれ「名城」的に解釈してしまうとか(^^ゞ

P1140537


Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart