« 柳川城の歴史講座をします | メイン | 縄張りからみた柳川城とその時代 »

2008年7月10日 (木)

柳川の歴史を学ぶ歴史文化講座

週末の7月12日土曜日は柳川市三橋公民館で、「柳川の歴史を学ぶ歴史文化講座」でしゃべってきます。
時間は14時から。タイトルは
「縄張りからみた柳川城とその時代」です。

基本的には、『柳川市史地図編』に書いた10年前!の小論をベースに、柳川城跡を地域史の中にもっと位置付けることと、筑後柳川藩の田中吉政がもたらしたインパクトの大きさを伝える予定です。
ちょうど市史編さん室から中野等先生の『柳川の歴史3 筑後国主 田中吉政・忠政』が出てて、文献史料からみた田中吉政と城郭遺構からみた田中吉政を対比させるにはいいタイミング。ボクは『柳川市史 史料編Ⅲ『蒲池氏・田尻氏史料』を買いますけどオススメです。

何かと縁のある柳川市。
柳川城跡は現在は市街地となりほとんど遺構を残していませんが、一方で、天守台付近と川下りの水堀、そして地割からある程度の原型は残っているので、今のうちにどの辺りが城郭部のどの機能を担っていたのかをプロットしてまちあるきの目印にしたらいいのです。
名所はよくコース設定されていますが、近世城郭の大半が今の都市の基礎を成しているのは案外知られていない。そこで、城郭の縄張りを理解することがまちを理解することにつながるということを伝えるのが今回のミッションとなります。

うまくいくかな?


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/13073307

柳川の歴史を学ぶ歴史文化講座を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart