« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

岡城・城下絵図をみてて

かつて竹田市教育委員会(文化財課)で刊行した図書で『岡藩絵図』ってのがあります。
竹田市立図書館蔵の「岡城本丸平面図」「西御郭御絵図」「岡城城下家中図 天明七丁未年三月日」「城中より各屋敷への道筋の絵図4枚の分割写真が冊子になったものです。図はたいていが2〜3メートルサイズなので広げたらオオゴトです。当時の元課長が文字がみえなくなるので分割したと言ってましたが、文字は読めるのですけど妙なところで切られているので全体像が把握しづらいのが玉に瑕。折り込みで一枚物を用意してくれてたらよかったのですけども。また、1991年頃のものなのでモノクロなのも残念ですけど、非常に大事な絵図資料です。
しかしながら、報告書的なものなので有料配布はしておらず、ウチの仕事場は去年までなぜかありませんでした(笑)

で、去年末に、とある方のご配慮で大量に以前に刊行された調査概報などの報告書の在庫を入手できまして『岡藩絵図』も蔵書となり今回貼合せてみることにしました。ねらいは4枚目の
「城中より各屋敷への道筋
これだけ年代不詳なんですが、天明年間の図に比べると城内の櫓や城門が記号的ながら細かく描写されていてなかなか使える代物。
そして、よくよくみると二つの点で面白いことに気づく。。。
ひとつは寛文4年(1664)完成の「西御郭」ができていない点。それ以前は幕府提出の正保城絵図にもあるように家老屋敷などの敷地になっていました。それと同じように屋敷割が確認できます。ということは1666年以前の様子を描いたと考えられる。
もう一点は、城下の光西寺の位置。光西寺は寛文6年(1666)に火災にあって現在の御客屋敷がある位置から現在地に移転したと伝わっています。絵図の中ではその光西寺が現在の御客屋敷の位置に描かれています。これから1664年頃と、西の丸健造以前を描いた絵図である可能性が高まります。

そして、絵図の中では清水門が現在の位置に描かれており、正保城絵図で描かれた位置から移動しており、この点を踏まえて絵図の上限は正保城絵図のできた1640年頃より以後と考えられます。
ちなみに今回の東側の縄張調査で明らかになった清水門の移転と下原門の虎口プラン。そのうち課題となっている清水門の移動時期が、1640-60年代の久盛統治末期から久清統治期の間ということになります。
面白いことにこの絵図には下原門の調査で明らかになった、整備されていたら確実に飛ばされていたであろう平右衛門側の桝形虎口の腕部分も記号的に描かれていることです(笑)。

となるとですよ。
この年代不詳とされてきた
「城中より各屋敷への道筋の絵図。
なんと17世紀半ばの岡城と竹田城下を描いた最も古い城・城下絵図である可能性が出てきました。
もしそうなら、市史などで知られているのは天明年間の絵図なんですけど、それより100年ほど古い様子が描かれた絵図というわけです。もう少し慎重に確認してみますが多分間違いないような気がします。

整理すると、岡城・城下絵図では。。。。
内閣文庫所蔵の正保城絵図「豊後国岡城」が1640年代で最も古く、
ついで
「城中より各屋敷への道筋」が1650年代前後。
岡城だけなら、「岡城真景図屏風」が宝暦年間で1750〜60年代
天明七年の岡城城下家中図、天明七丁未年三月日」の1787年前後の一群。
そして幕末期の明治2年の「竹田町繪図」となります。
あと、未確認で延享年間の1740年代後半期の絵図があるようですので確認してみます。

「城中より各屋敷への道筋の年代比定も普通にやれば気づくようなものですが、どうしてこれまでできてなかったんでしょう。きっとウチの仕事場に来ないくらいですからもっとウィキペディア式に広く作業チームを編成していればよかったんでしょうけどね。
ハイアマチュアはたくさんいるが、マスター・Dr.クラスの学業のプロが少ない田舎ならでは。美術も考古もマスターに任せてようやく腰を据えて岡城調査をしていますが、これまでの見落としが多いので実に収穫ある「見直し作業」となっています。

2007年5月28日 (月)

岡城縄張調査、第一期(東地区)の調査

P1070321 4月末から5月にかけて、岡城主郭部より東側の清水門・御廟所(平右衛門屋敷跡)・下原門一帯の縄張調査を完了させました。
竹薮などの障害があったためレンザティックコンパスによる簡易測量では若干の誤差はやむを得ないところでしたが、現状の整備計画にある測量図とは全く異なる遺構評価の縄張図が仕上がりました。
加えて、それは単なる「見落とし」ではなく、新たに判明した遺構が、岡城の位置づけ、岡藩の独自性の原点、そして近世大名中川氏の性格を読み取る上で欠かせない点において大きな問題提起につながる収穫となりました。

元々調査は、岡城跡は大きな城域であること、いくらひとりでする作業とは言え、片手間仕事ではすべての遺構を調査するのは厄介であること、そして既に整備成果をあげている現場かつ有料区域内故に他者の調査が難しい事情から、まず部分的に遺構確認を行うことを目的としました。
そのため、比較的に人の往来が少なく未整備部分の多い東地区の調査をサンプルに現状遺構の作図というカタチで進めました。

ところが、フタを開けてみると、竹薮などで覆われている一帯に未確認の遺構が多く確認され、東地区の評価だけでなく岡城そのものの位置づけを再考するものが出てきたわけです。
幾つか挙げると、平右衛門屋敷跡の曲輪が主郭に対して一定の独立性を持つ縄張構造であること、下原門が外桝形虎口を構えた独特のプランを持っていること、それが岡藩の藩政確立期に大きな意味を持ち岡藩の独自性の原点を証明する遺構であることが明らかになりました。

これまでの整備では、航空測量で制作した測量図をもとに、岡城の整備は担当課と整備委員会により進められてきました。しかしながら、そこには縄張調査をいれていないために、実際の遺構の踏査による縄張の読み込み作業がありませんでした。
現地での縄張調査は、石垣ラインや地表面の微地形をさまざまな類例をもとに丹念に拾いながらそこにある遺構の評価を慎重に行って図化する作業です(いわば、発掘の際の層位学的読み込みのようなものです)。ところが、実際に測量図と縄張図での乖離から、従来は読込みなしに整備してきたわけで、石垣の積み直しや屋敷地の整備を行ってしまうことでそれらの微地形という「痕跡」を無意識に破壊している危険性が懸念されます。

今回調査した東地区は、藩政後期から機能が低下していたため主郭部や西地区に比べて比較的整備が進められていなかった範囲にあります。
確かに、屋敷跡は御廟所になったり廃城後に音楽堂などになったりして破壊を受けていますが、周辺や下原門一帯には良好な痕跡が残されていました。そうした痕跡は整備が優先されなかった故に今日読み取ることが出来たことは皮肉と言うしかありません。おそらく整備されていたら今回の下原門の虎口プランの「発見」はなかったでしょう。

事前調査なしに専門領域外の委員を選び埋文担当者の思い込み作業で城跡の整備をすることが如何に危険なことなのか、今回の調査を通して明らかになったと言えます。
この問題は、例えるなら、医師というだけで分野違いの治療について、他の医師に相談もせず問診なしにいきなり開腹手術するようなものです。
たまたま岡城で判明したのですが、単に岡城整備だけではなく、全国の近世城郭跡の整備にも縄張調査なしの整備の危険性について警鐘を鳴らすものです。

今回の調査結果をもとに、城館研究者による事前調査なしの城跡整備が如何に危険なものが警鐘を鳴らすと共に、引き続き第二期(主郭部)、第三期(西地区)の縄張調査を行い、手遅れになる前に可能な限り現状遺構の把握を進める必要を痛感しています。

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart