« 2006年9月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月27日 (月)

大分と別府、アートとマネジメント(2)

P1060215P1060218 27日は別府市で行われているNPO別府プロジェクト(BEPPU PROJECT)による「ストリートプロジェクト06」を観に行きました。昼までに用事を済ませて横断特急で一路別府へ。
今回は、25日の日本アートマネジメント学会大会とかぶっていた全国アートNPOフォーラム別府も興味あったけれども、せめて‥‥一目どんな感じが観たいという思いもあったのです。誰に聞いてもよくわからないという2008年に国際アートフェスを開催するというBEPPU PROJECTの様子をみるのも楽しみに、弾丸別府ツアーというわけです。
ストリートプロジェクトの場所も、別府の調査宿泊の際には近くのビジネスを利用していたので竹瓦温泉へ行って適当なところで食事するのにウロウロした界隈なので土地勘はちょっとはあるところなのも幸い。

とは言え、別府市の一番ディープそうな歓楽街、竹瓦温泉周辺。
その路地に審査員が選定した、大分ゆかりのアーティスト藤崎友子さん・大木千波さん・平川渚さんの3人の作品が展示されるという構成。それぞれ興味ある作品を展示していました。


P1060211P1060243 P1060256

で、「路地」「ストリート」‥‥って?
この竹瓦温泉界隈はそこかしこの横丁に○俗営業のお店やバー・パチ ンコ屋があって客引きのお兄さんが昼間から路上に立っているようなとこなんですけど。そんな生で猥雑というかキョロキョロしているとさらわれそうな「濃 厚」な環境を歩くって‥‥そんな横丁って「路地」?どちらかといえば裏路地。
そこから離れて梅園通りの路地も、『三丁目の夕日』な時代ってこんな 界隈がいっぱいあったんだぞとうさんくさい消臭ノスタルジーな連中をひっぱたけるような、そこに住むひとの濃厚な生活空間が臭ってくるような場所なんです けど‥‥これも簡単に「路地」とか「ストリート」って言えるのかな?

田舎暮らしが長くて都会なピリピリ感を忘れてたわたしは、大阪でディープなところを歩く時の緊張感を思い出し、すっかり面食らってしまい作品鑑賞もとい作品探しどころではない。。。

体勢を建て直すためにたどりついた竹瓦温泉前の町家を改造したオンパクハウスには、
 宮島達男展 Counter Voice in the Earth」がやってました。一般の方に宮島作品よろしくカウントしてもらってゼロとなったら湯泥に顔を埋める、またそれを繰り返すものです。をを、いつの間にか東北芸術工科大学副学長になられている宮島さんのアートを拝めるとは思いませんでした。直島・熊本に続いて3回目。

これを観賞してゆるっとだべりつつ別府プロジェクトの資料漁りをしてから、ハウスに置いてあった藤崎友子さんが書かれた作品の案内図があったのでそれを片手に再び出発。
ひととおり作品を観て思ったのは、作品それぞれは作家の感覚が出ていて面白いと思うのだけれども、いかんせんどのオブジェもまったく横丁の人たちが積み上げてきた「トマソン」に取り込まれてしまい何とも感慨が起こらない。

続きを読む »

大分と別府、アートとマネジメント(1)

P1060197 11月25日は、大分県立芸術文化短期大学(芸短、以前は別府にあったとのこと)で日本アートマネジメント学会の第8回全国大会がありました。
アートマネジメントに関する学会は他にもあるようですが、九州では芸短の利光学長が同会の会長であるご縁で、福岡でも熊本でも鹿児島でもない大分に九州部会が2005年に立ち上がったところです。
学会はアートマネジメント国際会議の日本における対応組織としての役割も視野に入れたものとのこと。最初にお伺いしたときにそういったレクチャーを利光学長から受けました。(日本アートマネジメント学会設立趣意書

何だかよくわからない間にわたしも九州部会の会員になっていまして。
この日は全国大会が大分であるのもめずらしいので、午後から参加しました。1時半から三コマ×3室で研究報告があり、二コマ目から参加。4時半からシンポジウムが2時間半あり、最後は懇親会がありました。

とりあえず、全部参加してアート系の学会ってどんなものかな?と見学していました。
ホームページをみると前回の7回大会は横浜トリエンナーレ2005と重なるかたちでかなりの盛況だった様子。
それと比べると半日で分科会も3つというのは貧相。同学会の九州(大分ですけど)における裾野はまだまだ小さいということでしょう。
九州はいつも本州の周回遅れで潮流が起こる傾向があります。しかし、本来、九州には「九州派」などのオリジナルなポテンシャルを持っているので「本土の玄関マット」な意識を外す試みを念頭に将来性は有望に思えています。

で、大分がそうみえたのか、関東・関西の方々からするとわたしのようにローカルに生きる側の議論は「つまらない」ようにみえたようです。反応もいまいち。
わたしも全国城郭研究者セミナーなどで参加していると、本流の議論をじっくりやりたい一方でご新規さんのピントはずれな議論は横においといて。。。という気持ちはわからないでもないですけど。。。ね。

でもね。
創る人と、見る人・聴く人を結び付けるアート・マネジャー」の役割には、大都市での華やかなトリエンナーレもさることながら。。。いやいや10万人以上の地方都市(って実際はかなりつながっているところばかりだけども)や関東圏につながっている小都市のアートフェスもさることながら。。。地域の「お町」規模の5万未満の小規模都市にも可能性はあると思っている。

欧米の地域の中心地ってそんな規模だと思うのだけれども、メディアも情報もそれ程通らない小規模都市、それを抜きした理論づけなんてありえない‥‥と思うんだけど、発表者のほとんどは大きな地域の出来事が大半で小規模都市なんてイメージできないような印象を受けた(違うかもしれないけど)。

今回のシンポジウムのテーマは
「アートと『地方』社会 −パトロネージュの視点から−」でした。その意味ではこのテーマを実感するのにふさわしい場所だったように感じています。
わたしは、仕事上いろんな方々を拝見することができて満足。また先端の議論を消化するので手一杯。で、みなさんを振り向かせるような「手土産」を用意せねばと思う次第。

追伸:こんなわたしが一番刺激的だったのは、その場では聴けなかったのですけど懇親会の席で直接レクチャーいただいた花園大学の立岡浩氏の「欧州映像コンテンツ産業の公民協働プログラムとsustainable tourism」でした。学びの入り口を教えてくださりありがとうございました。

2006年11月23日 (木)

雨の九博と九歴

P1060128 仕事がてんやわんやな中、長居第2に遠征しようと思ったけれども所要があったので沙汰止みにして、久々に九博へ行ってきました。
九博開館一周年記念「海の神々〜捧げられた宝物〜」展の宗像大社の国宝がお目当て。
休日なので駐車場はほどよく満車。遠くにある民営?臨時駐車場に停めて延々と歩く。
ちなみに九博は1年で220万人集めたそうだ(゚O゚)!!ぼくもなんだかんだで5回も観てるしなぁ。。。

展覧会は、住吉大社・志賀海神社・宗像大社・金毘羅宮・大山祇神社・厳島神社・美保神社、そして九州内の神社(八幡古表神社の傀儡人形がありました)、中華世界の海神「媽祖」と沖縄の海神さま‥‥の資料が縦割りに並ぶ展示。○○神社秘宝展が4つくらいドッキングするかのようなてんこ盛りな構成でした。

沖ノ島宝物や大山祇神社奉納腹巻、平家納経などがゴロゴロしている空間というのは、ひたすらメインディッシュが並ぶといった感じで。。。こりゃ、マヒします(笑)。
これが九博ができた最大のメリットとは言え、平家納経は奈良博以来のご対面。矢部の濱ノ館出土品とは熊本以来の1ヶ月ぶり(笑)なんてあると「またみれるかな。」なんて不謹慎な気分になる(ホントは観れないと思うけど)。

なので、全部を隈無くみるのは集中力がもたないので、ひと通りメニュー表をみるように全体を歩いてみて、当たりをつけてからピンポイントで観る。暗いので細かいところが観にくいお年ごろ。仕方ないので今度来るときにはオペラグラスを用意しようと思った(「みゅーじあむしょっぷ」に置いてくれるとうれしい)
で、さすがに1年も経つと、開館展や沖縄展よりレイアウトはこなれてるなぁ。。という印象。でも相変わらず縦割りな展示構成をみてると名品主義が国博スタイルかと思えてくる。これはこれで芸風と思えるようになってきた。

で、相変わらず食うところが難点な九博だがオークラのレストラン横にオープンカフェができてた。雨とはいえ、オープンカフェというなら館の横の広大なスペースにパラソルな机とイスを用意してほしいところだ。オークラの方がストーブとイスという不憫な設備でグラムチャウダーをがんばっておられたので、「欧米では前のスペースにパラソルな机とイスでカフェですよ、って提案してくださいよ」と言ってみました。

ちなみに、館内のカフェは看板出してみたり焼き菓子ランキングしたりとがんばっているけど、相変わらずメニューが貧相だ。その理由は単純明解。ガラス張りの壁面故、或いは博物館内のオープンスペース故に厨房設備がないからだ。レストラン施設はそもそも狭いし厨房やバックヤードも貧弱そうに映る。
つまりは、オークラの不手際ではなくカフェやレストランなどの飲食設備系を考えてなかった?菊竹先生と、開館後に手直しをしない九博の仕様が問題と思う。オークラは厨房設備の弱く狭いめのレストラン等施設をやりくりしながら、リバレインのブランドシティよろしく奮闘している次第と思われて不憫である。

P1060133 メインディッシュてんこ盛りな展覧会で食傷気味になったので、文化交流展示室は止めにして福岡県埋蔵センター的施設な九州歴史資料館へ寄る。
エントランスから歩いて5分。九歴は九博より古いながらも、九博の入り口になり駐車場を召し上げられている不憫な施設(笑)。なので近々小郡市に移るらしいが、この施設は案外九博に「食傷気味」な方々にはちょうどよい、無料で福岡県の埋蔵資料や仏像・資料などを観ることが出来る施設なので、あった方がいいような気がする。しかも、解説ボランティアの方が近づいてワンツーマンで話してくださった。何度も解説しているおかげですごくわかりやすく教えてもらった。観世音寺の図録を購入。

10万人近い莫大な人数を呼び集める百貨店なマンモス博物館の側にある、小売店のような味わいもなかなかなものです。惜しむらくは九歴は展示に「お金がなくても心は錦」な仕込みが足りない。「お金はふんだんに使えるけどメリハリのない」九博と「お金がなくても心は錦」の可能性を持つ九歴の対照的なあり方は勉強になりましたです。

2006年11月12日 (日)

宇部ビエンナーレの旅

P1050857山口県民文化祭行事の一環で、宇部市にて第21回国民文化祭・やまぐち2006彫刻展 がありました。ので11日に遠征してきました。
これは伝統ある
宇部ビエンナーレ現代日本彫刻展」の特別版として企画されたものだそうで、宇部市は40年に及ぶ彫刻のまち宇部興産の企業城下町(というより、長州藩家老福原氏のお膝元)宇部市の文化振興課には彫刻係なるセクションがあって、最近彫刻推進室に昇格したという彫刻の街なんである。
そんなことを知らなかった門外漢なわたしは、宇部って彫刻展??と思いながら冷たい雨まじりの寒い一日を早朝豊後竹田駅からJRで乗りかえること5回。昼前に宇部新川に到着したのです。
煙突が迎える宇部の街、やはり産業都市瀬戸内の街です。
(追記:彫刻というと、かつての上田大分市長は遊歩公園などに多く彫刻を設置した人。宇部市も大分市も新産業都市とされた都市、工業社会に彫刻アートという時代でしょうか。ちなみにその時代性に誘発されたのか往時の佐久間竹田市長も彫刻設置を推進したおかげで、産業都市ならぬ田園?な竹田市にも朝倉文夫氏ほかの彫刻作品があります。)

P1050844P1050846 P1050840 ずっとウェブログからお誘いいただいた諏訪眞理子さんの「働きます」・ in progress 》は宇部興産にあった旧炭坑の門前に栄えた三炭町商店街での作品
三炭町商店街は、新天町〜銀天町と続く宇部市の商店街通りの一番西端。かつては栄えたものの、アーケードはまもなく解体されるところで商店街としてはすっかり年老いた空間。
彫刻展HPの紹介を引用すると、「
展覧会会期中、作者が三炭町商店街に滞在し、営業店舗を中心に活動を行うほか、三炭町で取材した内容を扱ったインスタレーションを展示します。」とのこと。
諏訪さんが三炭町商店街と向かい合って「働きます」という活動を行い、自身もウェブログで公開するというものです。

P1050839 P1050866 現場にたどりついたのは昼前。しばらく三炭町に滞在して、2時くらいから銀天町・新天町と商店街に並ぶ作品を追いかけて街を歩く。但し、この彫刻展本当に作品が多岐にわたり半日では観きれない。。。で、最後は和田千秋さん・中村海坂さんたちの《障碍の茶室Ⅳ坑道を抜けて》までたどりつくのが精一杯。それから戻ると、諏訪さんや先ほどの和田さんたちに食事までお誘いいただいた次第。
何か得した気分。。。
前の白丹もそうでしたけど、誘われるまま‥‥なんですよね。

続きを読む »

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart