« 歴史となったナガノ革命 | メイン | 太郎の思い出 »

2006年8月30日 (水)

【CAMK】『生人形と江戸の欲望』観ました

月曜日の朝イチの立ち合い用事が10時半頃には終わったので、熊本市現代美術館(CAMK)に豊肥線で出かけました。熊本の市街地は車で行くのがめんどくさいので鈍行で3時間かけて新水前寺まで往復します。

CAMKのお目当ては、『生人形と江戸の欲望』という展示。
生相撲人形はとてもステキ。見せ物として一世を風靡したつくりものの傑作です。
そうした生人形師の足跡を、幕末に盛んになった「悪所」のコスモロジーを媒介にインスタレーションした内容という印象です。もっとインスタレーションでやったら面白かったのにと思いました。
浮世絵・名所絵などの刷り物も多数展示されており、18禁コーナーがあったのには笑えましたが、夏休みでお子様やご婦人方が居られる中で暖簾をくぐるには勇気がいりました(笑)
とは言え、全体としてとてもいい空間でした。
あらかじめ、通販で図録を買っていたので、前回に買えなかった『生人形と松本喜三郎』の図録を買いました。

そして、G3ギャラリーでは、アーティストの真珠子さん(天草出身だそうな)のインスタがありました。これもなかなか。。。というかデジスタ系な最新のアーティストの仕事をオシャレな熊本で観ることが出来るのはCAMKのおかげ。

それから、帰りの列車までの時間潰しにオープンなライブラリーでゆっくり読書。BTの最新号は岡本太郎の『明日の神話』の修復&展示プロジェクトやアートイベントを旅する特集を読みました。他にも磯崎新氏の『福岡五輪プロジェクト』を読んで目がウロコだったりと、ここはいろいろな雑誌があって濃密な情報収集の場となりました。

熊本のど真ん中でテナントビルの3階〜5階を占めるとは言っても、月曜日ながら夏休みということもあってみんなが思い思いに寛ぐ「美術館」。こんなロケーションの館はいくつかありますけど、ここまでゆったりとみんながくつろげるスペースはおそらくCAMKくらいしかないと思います。何度も足を運ぶたびに「人間の家」を感じさせるスペースです。

帰りは上通りにある建築家葉祥栄設計のスペースにある紅蘭亭にて美味しい太平燕(タイピーエン)付きの中華定食を食べました。なかなか美味♪
それから市電で新水前寺駅へ移動。豊後竹田行きの鈍行列車で終点まで爆睡して帰りました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blogcoara.jp/t/trackback/143624/6777320

【CAMK】『生人形と江戸の欲望』観ましたを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart