« 2005年6月 | メイン | 2005年8月 »

2005年7月15日 (金)

チャングムから学芸の話まで


left_menu_titleimg01ヘルペスで安静を申し付けられたので仕方なく、夜は何もせずにBSでアンコールしてた
「大長今(邦題「チャングムの誓い」)」という韓国ドラマしていたので無音声(音声が壊れてるため)で観た。
このドラマ、うちの事務のおねーさま方がみーんな注目しているとのことで、ちょっと前に後半編スタート用のガイドブックもみせてもらってたヤツなんだけど、何せ時代が朝鮮王朝中期の
第9 代王成宗(在位1469〜1494)と異母兄弟の燕山君(在位1494〜1506)と中宗(在位1506〜1544)という、対外交流史をウリとする九州史学在籍の中世史研究者としては看過できない時代ですので、観てみたわけですよ。その朝鮮王朝実録に載っている実在の女 医長今(チャングム)を主人公とした宮廷ドラマだそうな。といっても長今は実録にチョロっとしかでないので有名な歴史上の人物というわけでもないみたい。

予備知識もまるでないのであるけど、ファーストインプレッションは大河ドラマと朝の連続ドラマ(+東海テレビの昼からドラマを加味。)がうまく融合した感じ の韓国ドラマだなぁという感じ。いやぁ、歴史上の有名人を出して空振り続ける大河ドラマと似たようなおねーさんの人生ドラマでマンネリ化しつつある朝の連 続ドラマの反面教師と違うか?と思うくらい要点を抑えたドラマ(とりあえず、こちらのテレビブログ『大長今ストーリーガイド』が参考になる)。

アンコール放送でみた回などの前半の料理人編というのは全くのフィクションらしいのだが、 料理→医学へ向かわせることで往時の食文化と医学を再現してみせる、という学芸的にも興味深い構成。考証は朝鮮王朝実録がベースだろうが、わからないとこ ろやドラマの演出上ある程度アレンジしてるものと思われる。日本と違い、王朝がきちんと記録を録るのでこうした生活文化の考証はやりやすい。(追記:公式ページみてみたら同時代の具体的記述が乏しく難しいらしい。生活誌復元はこの辺が難しい。それで、王朝はあんまり様式を変えないという前提で考証してるよう。)

物語としては、ほとんど記録のない人物を 主人公にすることで自由に構成が可能となるメリットも見逃せない。うまいよねー。ドラマ仕立ては韓国ドラマらしい軽さと重さがうまくマッチしていて観る方 を飽きさせないし感情移入もしやすい。フィクションな人物を中心に物語を進めるので自由なシナリオが組めるのだろうか観ていて面白い。去年の三谷幸喜脚本の「新撰組!」もフィクションを絡めてこういうテイストでしたかったんだろうなとも思う。
日本で置き換えるならば、おあむから観た「おんな太閤記」とか、宮廷女官からみた「栄花物語」とかいう感じになるのだが、朝鮮王朝のような王朝システムがなかった日本では、大奥でもこうは作れないので、アアやられた!(+_+)という感じですね。

この時代は、日本の室町幕府や大内氏などが朝鮮貿易船を派遣し、対馬が窓口となり博多などが貿易港として栄え、商人や禅僧が活躍する時代です。対外交流史ではこの時期の朝鮮王朝実録をよく引用するんですよ。なもので、成宗や中宗はなじみ深い(;゚∀゚)オイオイ? まもなく開館の九州国立博物館や、九州大学文学部の朝鮮史学研究室と日本史(中世)研究室が観たら泣いて喜びそうなドラマなんですよ、「チャングム」は。わたしが国博や九大に居たら、迷わずNHKと韓国MBCに談判して「チャングムと朝鮮宮廷文化」で展示とシンポとセミナーとツアーを組むけどね(ノ´∀`*)テヘッ。
日韓中の「オジサン・オバサンの大文字物語」に代表されるイデオローグやプロパガンダとしての歴史(おおよそ20世紀の歴史学ですな)の余韻が未ださめやらぬ状況なのですが(。・ω・)(・ω・。)、歴史学の現在としては、
宮廷文化や生活誌などの比較的身近な歴史的事象から当時の人々を知り、さらに大文字の歴史的事象へ誘うという、教養としての歴史学の面白さを伝える方法論を如何に鍛えるかが課題なので、こうしたドラマで仕掛けてきたムーブメントを博物館的にもしっかり受け止めてやらねばならないテーマなんですよ。
日本と韓国が違いを意識するのは朝鮮出兵時以降なので、その前の比較的緩めのこの時代はかなり面白い発見ができること請け合いですよ。それをしてこそ、はじめてアジアの玄関たる国立大学と国立博物館じゃないですかね。

と、ヘルペスを患いながらチャングムを観てみたのでありますよ(笑)。
うちでやろうかな?パネル展示くらいさせてくれそうなものだが。

2005年7月12日 (火)

建築探偵、長湯に建てる。

新しい竹田市になって、今まで古建築ばっかりだったけども現代の建築家による作品もテリトリーに入ったことは非常に喜ばしいことです。
gozenyuで、以前紹介したように、長湯には象設計集団によるエスニック&レトロ系ポストモダンな御前湯という温泉館がありますが、それに負けるな、と言わんばかりに野蛮ギャルドの建築探偵、東京大学生産技術研究所教授
で建築史家かつ建築家の藤森照信氏と温泉カリスマが手を組んだ大丸旅館ラムネ温泉が七月下旬の完成へ向けてただいま建設中( ・∀・)人(・∀・ )♪

以前にシュパーゲルフェストにでかけた時に杉板を焦がした焼き杉づくりを雨の中しておりましたがいよいよ建屋も仕上がり後は内装と外構を残すのみという進捗状況で、多分に7月末日には完成しそうな勢い。
もちろん建築学科出身の学芸屋としては、石山修武と双璧を成す野蛮ギャルドなポストモダンをぜひとも拝まねばということで夕暮れ時に観て参りました。
元町営温泉な長生湯にて炭酸泉でひと風呂浴びてから湯上がりに拝見。

terunobu0terunobu4terunobu1

ちょうど芹川沿いに温泉街からちょっと先のところにあります。隣には竹田から進出してきた陶芸のギャラリーもあって、このラムネ温泉とあわせてアートな空間をつくろうというコンセプトかな。
建物配置は、ギャラリーと温泉がセットで間に川側に長屋?が付く中庭を配したプランのようです。屋根勾配がきつく軒先が低く設定しているので母屋は思ったよりも天井高は低そう。実際にオープンしてみてから中を堪能してみたいところです。屋根のデザインは藤森先生の作品によくみられるモチーフで何やら故郷信州など東国っぽいのですが、できれば九州の在地工法にも目を向けてほしいところではあります。が、古代は高地集落もあった馬を操る健児を輩出した直入地方ですから、こういう高原的デザインもインパクトはあっていいんでは(笑)

焼き杉の技法は、わたしは過分によく知らないのだけれども所謂関西の集落にある邸宅や農村漁村などの町並みであるアレですよね。今度から気をつけてみてみることにしよう。

yakisugi←こういうのよね(。・ω・)(・ω・。) 
建築基準法的には、外壁材に木材は使用するのは関東大震災と大空襲以来、耐火上毛嫌いされるので最近の建築ではあんまりみられない。というか安い外壁材が使われている。本来は都市部や町場など住居密集地域で防火上できた技法なはずなんですが。。。今ではなぜか杉板をバーナーで焼いてネームプレートやプランターなど日曜大工のテクになっている(汗)
写真のは安藤先生がベネッセの地中美術館をこしらえた直島の漁村の邸宅なんですが、こういう白壁と組合せて雨と耐火のデザインは確かに「古来?」まではいかなくても近世〜明治日本の味わいと言えるものではありますね。
多分にオープニングを記念して藤森照信先生のトークセッションなんてありそうなので、屋根の上にある左義長のような松?は何なのか聴いてみたいところです。ニラハウスなどでおなじみのデザインですが、ドイツな長湯なのでモミの木だったらドイツ生まれヴィクトリア朝ブリテンのクリスマスツリーで面白いかも。

ちなみにこの近辺、隣の旧野津原町役場は伊東豊雄の設計だったり、隣の熊本県では細川知事時代のアートポリスでいろいろ建築があります。わたし的には、構造を極めた建築家の葉祥栄氏や、様々な事象を荒々しくデザインした猛者な木島安史氏などが印象深い。
ちょっとした建築ツアーができますね。

Foxkeh! フォクすけ!


  • Firefox ブラウザ無料ダウンロード
Powered by Six Apart